小さな自信を積み重ねて生きる力に

幅のある年齢層の中での「集団療育」をコンセプトに、社会を生きていく上で必要なコミュニケーション能力や秩序を学びます。社会に飛び出すと同学年の人だけではありません。しっかりと生き抜いていく為には10歳、20歳といった年齢差の方とも付き合っていかなければなりません。その生きる力をLEGON Kidsの集団行動の中で身についていってくれたらと切に願います。

ストレス発散

支援内容

保育所等訪問支援

家庭・事業所・保育所(学校)との連携を深めるために保育所等訪問支援を行います。
園が行っていることの共有や児童の学習進度に合わせた学習内容や宿題の出し方、かかわり方を共有します。

※児童指導員や保育士、理学療法士、作業療法士、心理士等が支援を行います。

ご家庭との連携

定期的にご家庭との連携を取ることで、指導の経過を細かく把握して頂くことができます。

支援内容のポイント

運動療育▶理学療法士による個別プログラムと集団療育による汎化目指します。


※運動と言語を両立することでより効率的な療育を実現します。


その他▶心理士によるSST/ 学習支援/ 就学準備/ 外出支援

ストレス発散

新しい居場所 安心して通える。
そして新しい経験、体験から学ぶ。

子どもたちが成長し過ごしていく中で必要な心と身体を育み、愉しみながら「生きる力の獲得」を目指し子どもたちと全力で過ごしていきます。とくに身体機能の向上を目指した「運動」を中心とする「運動療育」や「言葉の遅れ」「発語の不安」等をかかえて生活のしづらさを感じておられるお子さまには「言葉の療育」を取り入れるなど、お子さまお一人おひとりの成長過程に合わせて愉しみながらできる心と身体つくりを目指しております。

STEP1

就学に向けての準備を行う
◆運動→着替えやトイレなど日常生活に必要な動きを作業療法士と理学療法士が評価と訓練を行う。
◆集団適応→集団の中でルールや行動の仕方を学ぶ。自由遊びや設定遊びなどを行う中で段階的に練習をする。

STEP2

新しい環境への順応
◆学習→学年が上がることによる学習内容の抽象化(難しくなる)ことへ段階的なカリキュラムで対応。
◆運動→より実践の場での動作の評価と訓練を作業療法士と理学療法士の連携で行う。
◆SST→本音と建前の世界が広がる+ 集団行動が求められる。
適切な行動がとれるように支援を行う。

STEP3

義務教育後(高校卒業後)の就学・就労
◆学習→より高度な学習内容をイメージできるように指導を行う。
◆就労準備→児童の進みたい方向性と適正を考慮した指導を行う。
職業体験を通じ興味と適正をみる
◆SST→進学と就労において必要な日常生活技能を習得していく。

サービス内容

1日の流れ

時間の流れ 一日の流れ

登場

レゴンキッズに登場する利用者さん

うがい・手洗い

利用者がうがいします

おやつ

利用者さんがおやつを食べます

プログラム

支援を受けます

帰りの準備

片づけます

送迎

送迎あり

その他

サービス提供時間

10:00~18:00

対象年齢

3歳~18歳

一日限定

20名

送迎あり

サービス提供時間

10:00~18:00

対象年齢

3歳~18歳

一日限定

20名

送迎あり